Jinmas chips

オノジンタが生まれた日
↓に
 

ボクが営むお店はCafeJintaです。

だから、ボクは「ジンタさん」と言われることが多いです。

でも、意外とボクの中ではそれを拒絶する気持ちがありました。

ボクには親にもらった「仁士(ヒトシ)」という名前があり、それに頑なでした。

だから、店に来られた方に「ジンタさんですか?」って聞かれたら、
つい、「いやいや、ジンタはお店の名前なんですよ〜。」なんて答えてた。

多分無意識の内にCafeJintaに縛られるのを拒否していたんだと思います。

人のPC環境のメンテナンスしたり、ホームページ作ったり、ライブやイベントの企画をしたり、このブログで発信をするのも自分だし、まだまだ自分を固定したくなかったから、カフェオーナーとしての「ジンタ」だけに収まりたくなかった。

で、オモシロタノシストに相談したんです。

オモシロタノシストとは、京都カフェの先駆者(Cafe Salon)であり、TPOカンパニーというデザイン会社の社長として面白楽しい生き方を提案する人、田井さんのことです。

店の経営や、家族のこと、趣味の音楽のこと、倫理感、思想めいた話まで、フランクに色々話しあう仲。時には朝イチ珈琲を共にし、時には深夜のワインを酌み交わしながら、親しいお付き合いをさせていただいてます。

そんな田井さんから一言「『オノジンタ』でいいじゃないですか。」

ホンマですわ。

CafeJintaはボクの一部(カフェ的な部分)だと、だれもが思っているんです。

ボクだけが思っていなかった、と気づいた瞬間です。

CafeJintaはボクが作った店でありながら、ボクはCafeJintaに就職していたんです。

「オノジンタ」は、『その就職感拭いとりなはれ』ってな提案なわけです。カフェはもちろん、webでも音楽でも活動全般を「オノジンタ」としてすればいいじゃないですかと…。もう、反論の余地ないですね。笑

そんな訳で名刺を作ってもらいました。そして今日、田井さんがその名刺を作って届けてくださいました。

今日は「オノジンタ」が生まれた日です。

 - インターネット-internet, カフェ経営-cafe work, コンピューター-computer, 生き方-life, 音楽活動-music