Jinmas chips

どの道行く道生きる道。その道はその人だけの「my way」なのだ。
↓に
 

My Way

どの道もゆく道は「My Way」

フランク・シナトラの有名な曲。

原曲は「Comme d’habitude」というフランス語の歌だが、ポール・アンカは原曲とは関係のない歌詞をつけている。

自分の死が近付く中、自分の人生で起こったすべての苦難に対して行ったことについて、後悔せず自信を持っている、と語る内容だ。(from Wikipedia)

そう言えば、いつだったか覚えていないのだが、親父と男同士で酒飲みながら語らっていた時に、同じような事を言っていた。

「死ぬときには、自分の人生を肯定するもんや。」

若いころに聞いた親父の言葉の意味は、「そんなもんなのかなぁ〜」という漠然とした”感じ”に受け止めながらも、なぜだかずっと忘れられずにいた。

時を経て、なんだか最近ちょっとだけ、その意味が理解るような気がしてきた。

人生というものは…

と書き出しても、まだまだ未熟ものの僕にはその後の言葉は綴れない。

だけど、どの道、待っているものは同じなのだ。

僕の生きる道は僕だけの「my way」。

貴方に聴いてほしい「My Way」がある

もうひとつ、「my way」には僕にとって大事なエピソードがある。

30代、僕はうつ病で苦しんだ。

そのことは、オノジンタ年表で少しだけ触れているが、実は鬱で苦しんでいた当時、この「my way」を演奏するあるバンドマンたちのSoul(音楽)にたくさんの力をもらった。

そのバンドが演奏する「my way」には勇気があった。とにかく凄かった。

ライブを観るだけで、大きな勇気をもらった。

Bamboo Brothers というバンドだ。

今こうして鬱を克服し、「My Way」を歩めるのが、彼らのSOUL(音楽)に励まされたことが大きな力になっているということは、揺るがない事実だ。

その中心だったのが、小竹直&小竹親という双子ミュージシャンだ。

今はThe Twinsとして活動をしている。

今の彼らは、自分たちの「my way」を毎夜のごとく歌い聴かせている。

その The Twins の二人が2015/4/18にカフェジンタでライブをする。

最後まで読んでくださった貴方に、僕は言いたい。

「色々あるだろうけど、いいから、とにかくおいでよ。」

4月3週目の土曜夜のカフェジンタはそういう夜である。

 - 生き方-life, 音楽活動-music